コトレボ が生まれたとき

一人一人が意志を持って情報を発信し続ける社会。
インターネットの普及により、情報は全ての人が発信できるようになった。

今まで情報を発信することがなかった、できなかった

マーケットが真に目覚めようとしている中で、

私たち 映像の作り手ができることは何かを考え続けてきました。

そして、2020年社会が大きく変わる中で、私たちは、コトレボを「取材動画」による「企業様のWeb集客の第一歩」と再定義しました。

人がいなくなった街を見て、誰しもが「Web集客」に目を向けましたが、果たして「Webでの集客」は急にできるのか。

コトレボは、経営者への取材という形式で間接的に経営者や企業の魅力を引き出す手法を取ってきました。

この「直接的な宣伝をしない広報手段」は大きな支持を集め、視聴数は5ヶ月で120万視聴を突破するなど急成長メディアとなりました。

売り込もう、売り込もうとする宣伝文句が溢れる時代に、一線を画したこの「経営者の取材動画による間接広報」手法は、今まさに全国の中小・ベンチャー企業様にこそマッチしていると私たちは感じています。

コトレボはあくまでメディアとして、無料で動画を作るだけではなく、見てもらうまで無料で並走することが役割だと思っています。

だからこそ、私たちは全力で取材動画を製作し、広報します。

全国に267万社あると言われる会社の経営者が、

一斉に自社の魅力を映像で発信し始めたとき、

見たことのないイノベーションの嵐が巻き起こる。

そんなことを夢見て、実現させるべく私たちは、
取材動画による企業様のWeb集客の第一歩「コトレボ」を出航させます。

「「個」の魅力を現像し、世界を変えていく。」

私たちD2Pが創業当初から掲げてきたビジョンを、

「コトレボ」として開花させます。

​ABOUT US

D2P_logo_MIX_透過.png

第2制作株式会社(D2P inc.)

東京都新宿区四谷4−25−10

TEL  03-5315-4507

早稲田大学第一文学部卒業後、株式会社リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)入社。取引先であった撮影用特殊機材会社に転身後、制作事業部の立ち上げに参画。多くの映画、LIVE、プロモーションビデオでアシスタントプロデューサー、制作主任を経験。2010年からは事業部の責任者(プロデューサー)として多くの作品に参加。2015年に独立、第2制作株式会社(D2P)を立ち上げ、企業総合プロモーション、ミュージックビデオやコンセプトドラマ、ライブ収録に、演出兼プロデューサーとして参加している。

tatsuishi.jpg

代表取締役 立石賢司(演出・プロデューサー)
1982年5月1日 愛媛県松山市出身。

コトレボ_Ps3.png

D2Pが2019年に立ち上げた動画メディア。
テーマに沿って全国の経営者を取材していく形式で、間接的に企業をPRする手法がWEBで高評価を得て、リリース5ヶ月で120万視聴を獲得する急成長の人気メディアとなる。
取材費・掲載費は無料

TVCMやアーティスト映像で培った高い映像制作力を持つD2P。5ヶ月で120万視聴を獲得したコトレボの持つ、動画運用宣伝ノウハウを融合させた、次世代型の新サービス。​ハイクオリティ動画を低コストで、そしてマス広告ではなく、あくまで企業のターゲットに対して効果的に動画広告を展開できるということもあり、注目が集まるサービス。

ロゴ副題変更0625.png